肌のお悩みごとに効果的な美白成分が配合されている化粧品でケアを行なう

肌のお悩みを効果的に対処しよう

10代や20代などの若い頃にちゃんとしたスキンケアを行なわないとその後の人生において、色々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。シミやたるみなどが肌トラブルの代表でしょう。そんなトラブルを解消するためには、重要なケアを確認してみましょう。

肌トラブルに合わせた美白ケア

肌トラブルのトップ「シミ」

顔に出来てしまうシミには色々な種類があります。老人性色素斑と呼ばれるシミは、紫外線を浴び続けたことが原因で発生してしまうでしょう。薄い茶色ではっきりと輪郭が分かるように丸い形をしているのが多いです。40代くらいの発症が特に多いと言われており、作られたメラニンが上手く排出されずに沈着することで発生するとされています。主にハイドロキノンやビタミンC誘導体、アルブチンなどの美白成分が効果的です。

若い人にも見られる「そばかす」

一般的にそばかすと呼ばれていますが、正しくは雀卵斑となっています。比較的若い年齢から発生することが多くて、頬骨の周りに5ミリ以下の小さいサイズのシミがばらばらと発生するのが特徴です。紫外線や遺伝が原因で発生することが多いですが、特に白人などの肌が白い人に発生しやすいと言われています。効果的な美白成分として、シミ対策と同じくビタミンC誘導体やハイドロキノンが良いとされています。

メラニンによる「くすみ」

紫外線や肌への摩擦、かぶれ、炎症などの刺激が主な原因となってメラニンが過剰に生成されてしまうと、肌のターンオーバーで排出できなかったメラニンが蓄積されてしまい、くすみが発生します。メラニンの蓄積がそんなに多くない場合でも、ターンオーバーが正常を保てなければ残ったメラニンのせいで、肌はくすんでしまうでしょう。改善のためには、コウジ酸や水溶性ビタミンC誘導体の美白化粧品がおすすめになります。

茶色がかった「くま」

茶色や黄色がかったくまが、ほぼ毎日出ている場合は注意が必要です。このくまの原因として、紫外線のダメージやクレンジングの強い刺激を与え過ぎたことが挙げられます。代謝機能が正常だと表皮は自然に剥がれ落ちる仕組みですが、代謝が衰えていると色素沈着して濃い茶色のくまに進展するのです。紫外線対策は必須で美白効果に優れていて、血行促進作用や抗酸化作用、保湿作用のある成分が含まれている化粧品をプラスしてみましょう。